街づくりまんぼう  
line decor
  
line decor
?
   
協議会
   
 

コンテンツ

 ・石ノ森萬画館運営部門
 ・教育普及部門

 ・マンガグッズ販売部門
・喫茶店運営部門
 ・シージェッター海斗運営部門
 ・萬画の国いしのまき推進部門
 ・各種イベント部門
 ・市内共通駐車券販売部門
 ・萬画による地域振興推進部門
 ・中心市街地活性化部門


当社運営サイト

・石ノ森萬画館
・マンガッタンネット
・シージェッター海斗
・石巻マンガ灯ろう祭り
・トリコローレ音楽祭
・矢口高雄釣り大会
・石巻まちなか情報局
・石巻まちなか復興マルシェ


 

 
     
     
 
 


株式会社街づくりまんぼうは「人の光が街をかえる」を経営理念として、 宮城県石巻市の中心市街地56.4ヘクタールの商業活性化を中心とした 街づくり活動にとどまらず、 広く公益的な立場のもとに、 「まちづくり」「産業振興」「人材育成」を果たし、石巻市全体の活性化に 貢献することを目的とする会社です。


 
 
     

 

 

3・11東日本大震災から5年、石巻の街なかにも復興の姿が見え始め、復興住宅の完成や住民の方々の居住が、少しづつ進んでおります。
一方、被災当時からの支援ボランティアの方や、観光面でも支援をしたいという方が来石され、大きな力をいただいております。現在市民の方々も住宅再建や、店舗・事業の再開を進めており、これからは、生まれ変わっていく新しい街の創造とそのコミュニティを醸成させる為、課題に全力を挙げて取り組んでいかなければなりません。
 石巻の歴史文化や産業・商業の中心であり、石巻の顔でもある中心市街地を取り戻すため、心ひとつに頑張ってまいります。
 平成28年のスローガンは、「チームまんぼう 〜ふるさと石巻のために頑張ろう!〜」です。よろしくご支援ご協力お願いいたします。


2016年3月

 
  株式会社 街づくりまんぼう 
 代表取締役社長 西條允敏
 
 
 
 

当サイトをご覧の皆様へ

この度の3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)におきまして、被害を受けられた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

弊社が管理運営をしております「石ノ森萬画館」につきましは、 津波により深刻な被害を受けましたが、 全国の皆様方のご協力を賜り、お陰様をもちまして2012年11月17日に再オープンする事が出来ました。
今後は石巻のランドマークである「石ノ森萬画館」を中心とした新たな賑わいの創出はもとより、街づくり会社として石巻の更なる復興に向けての努力して参りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 
 

  

  【お知らせ】

   ・「平成28年熊本地震」義援金募金始めました。(平成28年4月16日更新)

   ・スタッフ募集情報UPしました。(平成28年4月2日更新)

 


 

【街づくり支援金口座のご案内】

 石巻商工信用組合本店
 普通預金 2155055
 口座名義 (株)街づくりまんぼう

 石巻信用金庫本店
 普通預金 6230700
 口座名義 (株)街づくりまんぼう 代表取締役 西條允敏

只今弊社では地元商店街の有志の方々とともに、 今後の街づくりに向けて活動を行っております。
ここで頂戴した支援金につきましては、 石巻市内商店街の街づくりの為に活用させていただきます。


 
石巻まちなか情報局
 

石ノ森萬画館運営部門

[man]   弊社では、萬画家・石ノ森章太郎の作品を中心とした日本最大級のマンガミュージアム「石ノ森萬画館」(宮城県石巻市)の管理運営業務を行っており、当館を中核にした情報発信やマンガ文化の振興を進めております。
(→関連サイト
 

教育普及部門

[man]   弊社では「HAPPY!!」をテーマにワークショップ事業、 オープンワークショップ事業、学校連携事業、その他関連事業の5つの分野からなる 教育普及部門を展開しております。
弊社の教育普及は「萬画」をベースとし、芸術に対しそれぞれのかたちを発見し、各々が考え、気付き、活動する事への支援を主目的に活動しております。
(→関連サイト
 

マンガグッズ販売部門

[man]   弊社では、石ノ森萬画館内にグッズショップ「墨汁一滴」を運営しており、 仮面ライダー、サイボーグ009、ロボコンなどの石ノ森章太郎作品に関するオリジナルグッズの生産販売を行っております。
(→グッズshop墨汁一滴
 

喫茶店運営部門

[man]   石ノ森萬画館3階には北上川を一望できる展望喫茶「ブルーゾーン」を設け、石ノ森萬画館へ来館された方々に対し、おもてなしを行っております。
また、メニューについても萬画館らしさを演出するものを多々用意し、ファンの方だけでなく、広く来館して頂いた方々に楽しんでもらう得るような工夫をしております。 (→関連サイト
 

シージェッター海斗活用部門

[man]   2004年、石ノ森章太郎先生のラフスケッチをもとに誕生した「シージェッター海斗」は石巻のヒーローとしてイベントや啓蒙活動を中心に宮城県内を中心に年々その活躍の場を広げています。 (→関連サイト
 

萬画の国・いしのまき推進部門

[man]   弊社では、 「萬画の国・いしのまき」をテーマに、石巻に訪れる人々に対し、様々なおもてなしを試みる「マンガを活かした夢のあるまちづくり」を関係諸団体と連携しながら推進、奨励しております。
JR仙石線で運行されている「マンガッタンライナー」はそのシンボル的な存在として、運行しております。
(→関連サイト
 

各種祭事・イベント部門

[man]   弊社ではまちなかでの交流人口増加の一環として、各種祭り・イベント事業を展開しております。
毎年5月のゴールデンウィークには「春のマンガッタン祭り」11月の文化の日には「マンガッタン文化祭」を開催し、毎年たくさんの来場者でにぎわいます。
また、市内の各団体や有志の方々との協力の下に開催している「石巻マンガ灯ろう祭り」は石巻の夏の風物詩として、定着しております。
2004年より市内中心商店街を会場に開催している「トリコローレ音楽祭」は音楽の祭典として県内各地を中心に毎年700名以上の出演者が集結する恒例行事になっております。

市内共通駐車券販売部門

[man]  

市内へお買い物に来たお客様が気軽にショッピングを楽しめるように、弊社では市内商店街各店舗を対象に、市内28箇所の駐車場で利用できる共通駐車券の販売業務も行っております。

 

橋通りCOMMON運営部門

橋通りcommon  

2014年11月に河川堤防工事の為、惜しまれつつも閉場した北上川沿いの仮設商店街「石巻まちなか復興マルシェ」とバトンタッチをする形で2015年春、マルシェ設置地域から一区画離れた市街地の橋通り地域に、新たな賑わいの場として「橋通りCOMMON」をオープンさせました。
当部門では、復興商店街としてではなく、新しい事業に誰でも手軽に取り組める場としてコンテナや飲食スペースのほか、各種イベントが開催可能なウットデッキステージを設け、
石巻のまちなかにおいて、たくさんの人々が集い、共に石巻の将来を語り、価値観を「共有=COMMON」することが出来る新たな場として創設しております。(→関連サイト

ほーぷす
 

萬画による地域復興事業部門

いしのまきまちなか復興マルシェ  

当部門では、石ノ森作品にとらわれず、広く萬画的な発想で石巻の食や地元企業と萬画をコラボレートさせた商品やアイテム、施策を行っております。

当事業では 萬画の持つ発信力と石巻の魅力を組み合わせ「味見が出来るマンガ本」をコンセプトに、地元石巻の飲食店と共に商品開発した「石巻カレー全集 第1弾(1巻〜5巻)」を2015年より発売しております。また、当商品は全国のマンガ家や著名人の協力を頂き、石巻の食材はもとより、そこで生業を行う各店舗の魅力を引き出す新たな取り組みとして人気商品となり、各方面で話題となっております。尚、2016年3月からは、好評につき続刊となる6巻〜8巻も発売されます。(→関連サイト

 

 

中心市街地活性化部門

[man]   石巻市の中心市街地の活性化を実践するために、各商店街、関係団体との連携をはかりながら、様々な施策を行なっております。現在は石巻の更なる復興に向け、地元商店主はもちろんの事、行政関係者や有権者を交え「コンパクトシティいしのまき・まちなか創生協議会(通称:まちなか協議会)」を立ち上げ、石巻市の市街地復興整備についてすすめております。

 


copyright 2016 株式会社 街づくりまんぼう. All rights reserved.